カテゴリ:言葉について( 38 )

文の順番を変えてみる

文書のコツ「順番を考えること」についての具体例です

伝えたいことはなるべく最初に持ってくる!

これです

「核心」→「前提」の順番です

前提が長いと核心に届かないうちに飽きられちゃうんです
f0141840_01031479.jpg
神社仏閣シリーズ2019
日向大神宮(ひむかいだいじんぐう)

by sadsonghappystory | 2019-04-11 01:09 | 言葉について

文書のコツ

文書のコツは

ふたつだけです

1、言葉(意味)の重複を避ける

2、伝える順番を考える

ほんとこれだけ!
f0141840_00592786.jpg
京都2019


by sadsonghappystory | 2019-03-11 00:10 | 言葉について

言葉を上手に使う

言葉を上手に使うためのコツは

重複を避けることです

例えば「星空を見上げた」

星は空にあるから「空」は不要

星は高いところにあるから「〜上げた」は不要

すると

「星を見た」

もっと行くと

「星が」「星を」「星に」

でも意味は同じ

というようなね〜
f0141840_01263062.jpg
牛肉とピーマンと椎茸の炒め物

by sadsonghappystory | 2019-01-10 01:32 | 言葉について

言葉は自己紹介

言葉というものは

自分が丸出しになる

大切に思うことを

基準に話すことになるからだ

例えば

売名行為だ!

お金目当てだ!

その人は

そういうことを

一番に考える人だという可能性が

極めて高い

言葉は自己紹介
f0141840_23515593.jpg
肉とネギを炒める

by sadsonghappystory | 2018-08-22 00:10 | 言葉について

言葉とは

言葉とは

言葉以外のものを

表現するためにあるんです
f0141840_00375827.jpg
浅草2018

4/4読売新聞夕刊
クリエーターズという欄で
板垣を取り上げていただきました

by sadsonghappystory | 2018-04-06 00:10 | 言葉について

理解と説明

理解できてても

説明できるわけじゃない

2つの言葉は別物なのだ
f0141840_11115582.jpg
神社仏閣シリーズ
2017仙台
志波彦神社
by sadsonghappystory | 2018-03-01 01:41 | 言葉について
口が達者な人に「負けそう」と思った時は

こう考えると少しラクになるかもしれません


言葉というものの多くは自己紹介のために発せられる

自分の世界観をプレゼントするためだったり確認するためだったり

逆に見ると

言葉数が多い人は自分の不安解消のためという側面が強い

ちなみに攻撃的というのも自己防衛の一種であるから

ふーんと思って聞けばいい



いかに達者な言葉使いでも

自己紹介してくれてんだなあーくらいに聞けば

相手のペースに巻き込まれず

冷静になれますよ〜という話でした
f0141840_23272292.jpg
神社仏閣シリーズ2017
京都
金戒光明寺(こんかいこうみょうじ)




by sadsonghappystory | 2017-03-07 00:18 | 言葉について

言葉について

言いやすい言葉と
覚えやすい言葉と
聞き取りやすい言葉は

全部同じなのだと
気がつきました

そういう言葉を
使えることが
言葉が上手だという
ことになるのだなと
f0141840_00005559.jpg
神社仏閣シリーズ
2011京都
宇治上神社

桐原水(きりはらみず)という
湧き水が出ているところ



by sadsonghappystory | 2016-10-13 20:16 | 言葉について

言葉はツール

言葉ってのはツールです

料理したいときに
鍋釜があるように

釣りをしたいときに
釣竿やタモがあるように

コミュニケーション取りたい時に
あるツールが「言葉」なのです

何が言いたいか

ツールなんだから
あんまり振り回されないように

でもこのツールは
とっても扱いがむずかしいから
使い方は一生勉強するべきやね〜

以上です
f0141840_00121872.jpg
8月ウィーン
ペスト記念柱


by sadsonghappystory | 2015-11-13 00:10 | 言葉について

ちゃんとした文書とは

文書というのは
読み手に対する想像力が増すことで
上達していくと思います

自分の思いをぶちまけるだけでは
相手に攻撃性を感じさせるだけで
あまり建設的なツールになりません

文書を「言葉」と
置き換えてもいいですね

そういう言葉(文書)を目にすると
自分に向けられたものじゃないにしろ
悲しくなります

自分に向けられたものだとしたら
なおさら

それどころか
こちらも攻撃のスイッチが入ります

といった理由において
言葉について「ちゃんとする」ことは
とても大切だという意見です

つまりこういうことかな

相手に対して敬意を感じさせない言葉(文書)は
単なる攻撃アイテムとなり
人間関係を切り刻んでいく

やだなこれ
やじゃありません?

ということで
何ごとにおいても
相手に対する敬意は
忘れない方がいい
という考えのワタシです
f0141840_19372030.jpg
8月ロンドン
トラファルガースクエア


by sadsonghappystory | 2015-09-10 00:10 | 言葉について

★板垣恭一/いたがききょういち 演出家・脚本家。ミュージカルもストレート・プレイも、ジャンルを問わず多くの作品を演出。「社会派エンタテインメント」を追求中。★今後の仕事★ 4月 『いつか one fine day』 9-10月『FACTORY GIRLS 〜私が描く物語〜』


by sadsonghappystory