誰かの足を踏みながら歩くなら

生きてる限り誰かの足は踏みます

気づこうが気づくまいが必ず

それを恐れてると引きこもりになっちゃうから

やはりオモテを歩くわけです

じゃあ誰かの足を踏んでいいのかと言うと

そんなことはなく

自覚は必要だろうと

「すんませんいろいろ」的な自覚が
f0141840_03190189.jpg
神社仏閣シリーズ2017
京都 妙心寺
大方丈(おおほうじょう)の庭








by sadsonghappystory | 2017-02-15 01:36 | いろいろ

★板垣恭一/いたがききょういち 演出家・脚本家。日大芸術学部演劇学科、第三舞台を経て、フリーの演出家に。数々のプロデュース公演を演出。演技講師・映像ディレクターとしても活動。


by sadsonghappystory