<   2016年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧

昨日の続きです

競争のメリットは
もちろんあるでしょう

競争のおかげで
人が伸びることがあるのは
事実です

でも
競う必要のないことってのも
いろいろあると思うんです

要は自分で決めればいいこと

何を選び何を選ばないか決めるのが
人生ってやつの楽しみでも
あるわけですから
f0141840_01241440.jpg
コペンハーゲン2015夏




by sadsonghappystory | 2016-05-31 04:08 | いろいろ
誰にも勝てる気がしなかった

だからせめて
自分に負けないようにしてきた

なんて言うとカッコ良すぎるけど
まあ本当の話だ

何のことはない
競争というゲームから
徹底的に降りたのだ

そうすることで
自分のペースというものを
発見することに成功した

恐ろしく独特で
スピードもおっそい
ペースだったけれど
見つけられて本当に良かった

自分の足で
人生を歩んでこられたからだ

マイペースばんざい
マイペースを奨励します!
f0141840_01240645.jpg
コペンハーゲン2015夏









by sadsonghappystory | 2016-05-30 00:32 | いろいろ

いい人だけど

いい人だけど
あんまり魅力的じゃないね

なんて言い方が
あります

何が問題なのかと
考えてみました

おそらく

人間には明暗両面があり
その片方しか対応できてないのが
問題なのではないかと

つまり
魅力的な人間であるかどうかは

人間の善きところと悪しきところ
それぞれに対する
理解力や対応力の深さで
決まるのではないかと

蛇足ながら

悪いだけの人も
あんまり魅力的じゃない
ということですね
f0141840_01235565.jpg
コペンハーゲン2015夏



by sadsonghappystory | 2016-05-29 00:10 | いろいろ

何を好きかがカギ

自分というものの
可能性を考える時
カギになるのは

自分が何を好きか
ということです

世の中的に正しいこと
先生や親にほめられることは
あなたを飛躍されるカギには
なりません

自分が本当は何に惹かれ
何を美しいとカッコいいと
素晴らしいと思っているか

そこからしか
自分の戦いは始まらない
ということを言いたいわけです

何を好きか考える事はつまり
自分を知るっていう事です

それは大切だよ〜
と思う次第です
f0141840_01234866.jpg
コペンハーゲン2015夏



by sadsonghappystory | 2016-05-28 00:10 | いろいろ
あれはもう10年以上前
ある現場で行き詰まっていました

そのとき同じような立場にいた
人が言いました

「ボクは悪くない」

あぜんとしました
悪いとか言うつもりはないけど
キミにも責任の一端はあるよね?
という言葉は口にしませんでした

あのときからでしょうか 覚悟を決めて
仕事に立ち向かうようになったのは

ガタガタ文句言っていても仕方ない
大丈夫!と楽観視しても仕方ない

やると決めたのなら
責任を取る覚悟が必要だと知りました

誰かの援助を期待するのではなく
自分ひとりでもやるという覚悟です
f0141840_01233288.jpg
コペンハーゲン2015夏

地下鉄の改札です
ここにピッとしてから
何時間だったか乗り降り自由という
システムでした

by sadsonghappystory | 2016-05-27 03:34 | いろいろ

苦手な人との距離

苦手な人との距離って
悩みます

でもひとつ
分かったことがありまして

その距離は
いずれ取れるようになる
ということ

だから
焦らずその日が来るのを
待つことにしています

けっこう
なが〜くでも待ちます
f0141840_01233917.jpg
コペンハーゲン2015夏


by sadsonghappystory | 2016-05-26 01:13 | いろいろ

人は変われるか

人は変われるか?

という問題について
自分なりの答が出ました

ちょっとづつなら変われる!

ちょっとづつでも
2年くらいしたら
ずいぶん違ってきます

5年ならもっと
10年ならもっともっと
です

それって
すごいことだと
思うんですよね
f0141840_01225004.jpg
ウィーン2015夏





by sadsonghappystory | 2016-05-25 00:52 | いろいろ

アイス

暑いですね〜

というわけで
本日のしめに
コンビニへアイスを
買いに行きました

ハーゲンダッツ6コ詰めと
マンゴーのカキ氷みたいなのを
レジにへ

ピッピッ

そのときです
財布をのぞいていた僕に
店員さんの声が届きました

「あたためますか?」
「うっ……」

1秒

きっちり1秒考えて
答えました

「大丈夫です……」

いやあ1秒って
けっこう長いですね

いろーんなこと
考えてしまいました


暑いですね〜
今夜も
f0141840_01222476.jpg
ウィーン2015夏


by sadsonghappystory | 2016-05-24 01:50 | いろいろ

気休めの鬼をめざす

気休めの鬼をめざす

これはネットで見つけた
糸井重里さんの言葉です

うーん
自分のお芝居作りも
そういう感じでありたいなあ

いや
まだ違う欲望が
入っているかなあ

数日後糸井さんは
「気晴らしの別名は慰め」
とも言ってたぞ

そういう感じのことで
役に立てるならそれも
うれしいことだなあ
f0141840_01224465.jpg
ウィーン2105夏


by sadsonghappystory | 2016-05-23 00:05 | いろいろ
このブログで
稽古場のことを書かないのは
守秘義務があると思っているからです

稽古場って役者やスタッフが
たくさんのトライアンドエラーを
するところだから

つまり恥を掻く場所だから
ということなのです

同じ理由で僕は
稽古場見学を断ることが基本です

誰に聞かれたわけではないのですが
こんなことを書いてみました
f0141840_01223475.jpg
ウィーン2015夏


by sadsonghappystory | 2016-05-22 01:41 | いろいろ

★板垣恭一/いたがききょういち 東京都出身。演出家。日大芸術学部演劇学科、第三舞台を経て、フリーの演出家に。以降、数々のプロデュース公演を演出。映像ディレクターとしても活動。


by sadsonghappystory