<   2015年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

バカにされた記憶

20歳すぎのころ
ラジオ局のプロデューサーに
紹介されたことがありました

たまたま先輩と
同席していた程度の縁でした

そのとき
プロデューサーさんに一瞥され
「あなたに何の興味もありません」
という顔をされたことを
はっきり覚えています

くやしかったし
確かに何者でもない自分が情けなかったし
そんな風に人を見る人いることが悲しかったし
まあいろいろと自分に影響を
与えてくれた経験だと思っています

ふと思うのは
いまの自分が誰かに対して
そういう態度をとっていないかという
疑惑です

とっていたくはないし
でもとってしまっても
仕方ないと思う自分もいて
心境は複雑です
f0141840_01222037.jpg
さらに咲いてしまった桜
近所


by sadsonghappystory | 2015-03-31 01:22 | いろいろ

ドライだけどホットだぜ

ドライならクールだと
なりがちですが

ドライだけどホットというのも
ありだと思うわけです


気持ちのハナシです
ええ

ドライだけどホットな
感じを目指してます
f0141840_01004885.jpg
2月京都
なーんか不思議な木でした
ぶっとい幹から小さい枝が
いっぱい出てて

by sadsonghappystory | 2015-03-30 01:01 | いろいろ

詳しくならない作戦

何かに対して詳しくなることは
楽しいと同時に楽しくなくなってしまう
というところもありまして

自分はわざと
詳しくならない作戦を取ったりします

たとえば
あらゆる種類のお酒を飲むのですが
銘柄を覚えないようにしています

詳しくなっちゃうと
新しいお酒にチャレンジするのが
おっくうになったりするので

まあそれでも
覚えてしまう銘柄はありまして
それはもうそういう出会いなのだと
納得したりするわけです

急に仕事の話になりますが
たとえばミュージカルを演出していますと
音楽や歌や振り付けや殺陣などの
様々な専門家と一緒になるわけです

このときに気をつけているのは
彼らの専門用語をなるべく覚えないように
することだったりします

専門用語をいくら覚えても
本業の方にはかなわないわけで
ということはいくら専門用語を追いかけても
彼らより小さい世界しか表現できないわけで
(寿司屋さんで「あがりください」という恥ずかしさと言いましょうか)

彼らと対抗するために
なるべくふつうの言葉を使うように心がけるわけです
ふつうの言葉なら多少腕に覚えがあるもので

以上
詳しくならない作戦は
ひとつの武器にさえなるのだぞ
という話でした
f0141840_00560584.jpg
咲いちゃった桜
おととい

by sadsonghappystory | 2015-03-29 00:59 | ○○作戦

誰かに聞いてもらえたら

つらい思いを
誰かに聞いてもらえたら
かなり助かります

それにはまず
口に出せるという
ハードルもあるのですが

誰かに言えたら
誰かに聞いてもらえたら
f0141840_01554888.jpg
数日前の近所にて
咲きそうな桜

by sadsonghappystory | 2015-03-28 01:56 | いろいろ

こんなもんじゃない

自分は
こんなもんじゃない
と思えるうちは

まだまだ
伸びるのではないかと
f0141840_01391448.jpg
2月京都



by sadsonghappystory | 2015-03-27 01:39 | いろいろ
いろいろな事情を飛び越えて
大事なことをちゃんと言える
オトナになりたいです

でも
いろいろな事情の原因を
わかってしまったりする結果
言うタイミングを考えすぎたり
言わなかったり

なかなか
むずかしいもんです

いろいろな事情を飛び越えて
大事なことをちゃんと言える
オトナになりたいです
f0141840_01245201.jpg
2月京都



by sadsonghappystory | 2015-03-26 01:25 | いろいろ

夜フロか朝シャワーか

夜フロか
朝シャワーか

夜フロは鎮めの効果が
朝シャワーは覚醒の効果が

結果的に
仕事用に朝シャワー派に
なっている私です

でも
仕事に余裕があると
とたんに夜フロ派に
なりたくなります
f0141840_01275744.jpg
2月京都


by sadsonghappystory | 2015-03-25 01:28 | いろいろ

プロとはなんぞや

先輩と食事をした時聞きました
プロって何ですか?

先輩ほぼ即答なさいました
「食べて行けてるかじゃない?」

でもねと先輩は続けました

「食うために仕方なくて」
とか言ってるやつは
プロじゃないと思う


なるほど

お金をもらうからには
いろいろヤなこともあるけど
それ以上に楽しめなければね


なるほど
ふーむふむふむ
なるほど!

と思った夜でした
f0141840_01344241.jpg
近所で桜らしきもの発見
by sadsonghappystory | 2015-03-24 01:35 | いろいろ
ヒトを尊敬する気持ちも
ヒトを蔑む気持ちも

自分から距離があるものへの
気持ちの収め方という意味では
同じではないかと思っています

言葉にするとどちらも
「信じられない」

そして考えてしまうんです
そんなに人間て違うものなのかと
f0141840_00393644.jpg
京都の家の玄関の上には
なんか面白いものが乗っています




by sadsonghappystory | 2015-03-23 00:40 | いろいろ

レベル

レベルというものを
考えるようになったのは
食べ物がきっかけでした

同じラーメンでも
どうして値段が違う?味も?
ケーキも寿司もお酒も

素材が違うらしいと知り
扱いに手間がかかることも知りました

んで
どういうレベルに行くかは
自分で決めるべきということを
やがて知りました

まず「レベル」というものが
あると知り

次に自分のレベルは
自分で決めるものだということを
知ったのでした
f0141840_00324186.jpg
肉 
オニオンソースを初めて作りました


by sadsonghappystory | 2015-03-22 00:33 | いろいろ

★板垣恭一/いたがききょういち 東京都出身。演出家。日大芸術学部演劇学科、第三舞台を経て、フリーの演出家に。以降、数々のプロデュース公演を演出。映像ディレクターとしても活動。


by sadsonghappystory