<   2014年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧

ちいさい頃から何ごとに対しても
「どうしてそうなんだろう?」
と考えるたちでした

なので
20歳くらいのときに覚悟しました

人生しっくり来るようになるには
時間がかかるだろうな〜と

そして
その時間をかけようと思いました

だから
若いころは先輩たちに
からまれたりからかわれたり
「お前は何者になるんだ?」って

うるせーと思っていました
時には口に出してきました

人生ってのは一生かけて
作り上げるものなんだから
ガタガタ言うなほっとけよって

50年生きてきて
まだまだ「どうして?」の連続です

時間がかかるなあ〜
時間をかけるしかないなあ〜

けっきょく20歳のときと
同じようなことしか考えられていません

それでいいや
そういう風にやっていこうっと♪
f0141840_22190930.jpg
12月27日は大阪におりました
明日はいよいよカウントダウン公演です






by sadsonghappystory | 2014-12-31 00:10 | いろいろ

まあまあ〜という態度

モメ事が起きたとき
「まあまあ」という態度を取りがちです

それぞれの事情が分かったりするので
「まあまあ」なのですが

当事者たちからはヌルいやつと
思われたりするんだろうなあ

でも
白黒がつかない事ってあるんですよ

そこをムリヤリ白黒つけようとすると
大切な何か(場合によりいろいろ)が
壊れてしまうと思っているんですよね

「歯切れわるく生きる」

そういうことを
けっこう真剣に考えています

あひょっとして
「お芝居」ってそういうことに
役立つものじゃないかな

思いつきですけど
来年そこらへん考えて行こうっと
f0141840_01395593.jpg
12月 明治座近辺



by sadsonghappystory | 2014-12-30 00:10 | いろいろ

みんな女優さん

かまってもらえないとスネる

そんな人を男性でも女性でも
「女優さん」と呼んで楽しんでます

スネるという意味では
男の方が「女優さん」っぽい人が
多いかもしれません

そうじつは
誰もが女優さんなんです

みんな自分のことを
かまってもらいたくて
それがかなわなくて
ちょっとスネている

そう考えるようになってから
心がザワつく回数が減りました

ちなみに仕事柄
本物の女優さんにたくさんお会いしますが
男気のある人が多いです

f0141840_01400521.jpg
12月 明治座

「るの祭典」が終わり
あとはカウントダウンライブです♪



by sadsonghappystory | 2014-12-29 03:36 | いろいろ
「キミなんてまだ何者でもないじゃん」
みたいなことを若者に言ったところ

「誰もハッキリ言ってくれないんです」
と言われることが続きました

感謝の文脈でです

へえーっと思いました
自分が若いころはそうじゃなかったからです

このごろの子は
「何者かでなくてはいけない」
というプレッシャーが半端ないんだなと

そんなことないのに

人生なんてもっとフワフワしていて
ゆっくり手作りして行くものなのに
f0141840_01394974.jpg
12月 浜町公園



by sadsonghappystory | 2014-12-28 04:58 | いろいろ

人のアドバイスは聞くな

若者にむかって
あれこれ説教します

まあ未来へ向けての
アドバイスってやつです

んで最後に必ず
「オレも含め人のアドバイスなんて聞くな」
と伝えます

あーめんどくさいヤツ
オレ笑

でも本気です
人のアドバイスはあくまで参考
自分で突破口を見つけるクセを!
f0141840_01393592.jpg
12月 明治座を望む



by sadsonghappystory | 2014-12-27 03:52 | いろいろ
人は変わらないものです

だから
相手に変化を期待しても
空振りすることが多いです

残るのは
「受け入れる」作戦です

どうしても受け入れられない
もしくは受け入れたくないと思う場合
無理はしなくてもいいと思います

けど
あと少し何かがあればと思うなら
自分の度量を大きくするのが良策かと

人を受け入れられるかは
自分次第という話です
f0141840_01392838.jpg
12月 近所



by sadsonghappystory | 2014-12-26 02:19 | いろいろ
自分に対して理解が深まれば
いろいろラクになると思うんですよね

例えば足の遅い人が
オリンピックの短距離走選手を目指そうとは
なかなか思わないわけで

ところが「自分」というものの評価は
「100mを6秒!」とかいうデータでは
示されないわけで

ここらへんがつらいところですよね
誰かオレの評価をデータで示してくれとか
若いときは思いましたもん

まあけっきょく
自分を計る「尺度」は自分で作るしかない
ということみたいです
f0141840_01382157.jpg
12月 東京駅







by sadsonghappystory | 2014-12-25 00:10 | いろいろ

まだ終わっていない

ゆうべ演出作品の東京公演が終わり
打上げ会場であいさつをしました

「まだ終わってないからね〜」

27日に大阪公演が残っているのです
だからそういうあいさつをしました

じつはこのごろひと公演終わっても
「まだ終わってない」と思うようになりました

だから
あんまり気が休まりません

休まなきゃとも思うし
そういう体質になっちゃった?とも思います

さて真実はどこに?
f0141840_01383966.jpg
12月 明治座



by sadsonghappystory | 2014-12-24 01:39 | いろいろ
近くにいても何もしてあげられない
そういうことがあります

人のことは
かんたんに助けられない
という話です

せめて
そばにいることくらいは
してみようかと

してあげたいと思った場合
もしくはそれが可能なときは
f0141840_03261655.jpg
12月 近所



by sadsonghappystory | 2014-12-23 03:26 | いろいろ

人生のガイドブック

人生のガイドブックが
あるといいんですけど
ないんですよね

仕方なく人は
誰かのガイドブックを借りて
人生を考えたりするわけです

しかしそれはあくまで借り物
やがて自分のガイドブックを
作らねばならぬ状況になるわけで

そうなんです
人生のガイドブックは
自分で作るものなんですよね

こういうことは
小中学校で教えるといいのになと
思います
f0141840_01592935.jpg
12月 近所




by sadsonghappystory | 2014-12-22 01:59 | いろいろ

★板垣恭一/いたがききょういち 東京都出身。演出家。日大芸術学部演劇学科、第三舞台を経て、フリーの演出家に。以降、数々のプロデュース公演を演出。映像ディレクターとしても活動。


by sadsonghappystory