<   2014年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

むしられる

27歳女子と話していたところ
「むしられる」という言葉に出くわしました

僕をふくめその場にいた全員(28〜40歳)が
羽根的なものをむしられる姿を想像し
どんなヒドい目に会ったんだと心配しました

1分後それは「無視られる」であることが判明
ほっとしたけどそれはそれでヒドい目に会ったのねと
同情

人を無視とかすんな!
と言いたいなと
f0141840_02214783.jpg
大根と鶏ささみのサラダ






by sadsonghappystory | 2014-03-31 02:22 | いろいろ

別れの予感

演出しているお芝居が仕上がってくると
だんだん淋しくなってきます

お芝居が自分の手を
離れて行く気がするからです

装置がガンガン動いたり
音楽や照明が活躍しっぱなしの舞台なら
その喪失感は薄いです

けれど
演技そのものが主な見せ場
であるお芝居ですと特に感じます

ああ別れの予感
さらばこの作品
そしてそれは幸せの時でもあります

稽古大詰め
そうなりますように
f0141840_01363917.jpg
レンコンのきんぴら



by sadsonghappystory | 2014-03-30 01:37 | いろいろ
一緒に仕事をしている人が
何言ってんだか分からないときは
こう質問してみます

それは報告?それとも相談?


たとえばそれが報告だと分かって
なおも相手の言うことが分からない場合は
この質問です

それはホメて欲しいの?
それとも意見して欲しいの?


それが相談だと分かって
なおもよく分からない場合は
こうです

あなたにはアイディアある?
それともノーアイディア?


これくらい質問してみると
相手が何をしゃべっているのか
だいたい分かるようになります

ちなみにこの質問は
自分が何を言ってるのか
分からないときも有効です

f0141840_01483938.jpg
てきとーチャーハン




by sadsonghappystory | 2014-03-29 01:49 | いろいろ

へりくだる作戦

へりくだる

日本的(海外しらないけど)には
スタンダードな
コミュニケーション手段です

自分を下げることで
相手を上げる作戦です

なかなかどうして
バカにできません
効果てきめんだからです

「僕」の語源は
下僕が自分をへりくだって場合の
一人称だそうです

それをインテリ書生たちが
ふざけて使っているうちに
一般化されたと読みました

いやあ
遊びでもへりくだっちゃうところが
さすがニッポンです

逆の視点で言うと
へりくだられるのが好きなんですね
ニッポン
f0141840_02155118.jpg
ポトフ
シンプルバージョン



by sadsonghappystory | 2014-03-28 02:16 | ○○作戦

他人がいればこそ

人生の中から
他人がいなくなってしまうと
頭がカタくなってしまうようです

他人
つまり理解不能なもの

それは
恋人であり配偶者であり
じつは身近な存在こそが
代表的な他人だという意見です

何言ってんだかよく分からないけど
この人なりに考えがあるんだなと
思える人が近くにいることの素晴らしさ

人間というものに寛容になれる人は
かならず近くにステキな他人がいる
と思います
f0141840_00242829.jpg
ゆうべ
稽古場帰りの公園に咲くこの花は
サクラ的な何かだと思われます



by sadsonghappystory | 2014-03-27 00:25 | いろいろ

毒を吐く

毒を吐くことは
良いことだと思うんですよね

相手と場所は
選ぶべきとは思いますが

それを
互いに出来る相手がいると
ラクですよね〜♪
f0141840_00005526.jpg
3月南船橋



by sadsonghappystory | 2014-03-26 00:02 | いろいろ

校歌

校歌ってあったよなあと
考えていました

小学校と中学校のを
思い出しました

ちょっと驚きました
40年くらい前の歌なのに
思い出せたことに

中学の音楽教師が代わり
校歌の前奏が変わりました

どちらも知っている姉が
ぜったい前の方がよかったと
怒っていたことを覚えています

その時
人は自分が慣れ親しんだものに
こだわるのだなと思いました

そんなことを覚えていることにも
ちょっと驚いています

うーん
高校と大学の校歌が
まったく思い出せない

なぜなんだろうか?
f0141840_02103816.jpg
トマトとワカメのサラダ



by sadsonghappystory | 2014-03-25 02:10 | いろいろ

了解です

メールが普及したおかげで
「了解」という言葉を
たくさん使うようになりました

でも目上の人に対しては
「承知しました」とか「かしこまりました」が
適切な言葉らしいですよね

だから
「承知しました」と返信したんだけど
「家政婦?」と返され
ややこしいですと若者が言ってました
f0141840_21442619.jpg

f0141840_21450922.jpg
3月東京




by sadsonghappystory | 2014-03-24 00:10 | いろいろ

となりの芝生

となりの芝生は青く見える
と言いますが

脳みそを調査すると
その傾向は明らからしく

たとえば人は
沢山お金をもらえるから
幸せを感じるとは限らず

となりの人より多くもらえていることに
幸せを感じる傾向が強いそうです

なんてことをふまえて
人生のポジショニングを考えるのも
一興なのかもしれません
f0141840_02180756.jpg
3月ソウル




by sadsonghappystory | 2014-03-23 02:19 | いろいろ

時間のかけかた

時間をかければ
良いものになる

けっこう一般的な
印象だと思います

だけど
そうとは限らない
というのも一つの真実

けっきょく
時間をかけるべき部分と
かけないでも大丈夫な部分の
両方が存在しているみたいです

どっちの時間軸も
自在に行き来したいなあと
f0141840_01462463.jpg
ポトフ作りたて



by sadsonghappystory | 2014-03-22 01:46 | いろいろ

★板垣恭一/いたがききょういち 東京都出身。演出家。日大芸術学部演劇学科、第三舞台を経て、フリーの演出家に。以降、数々のプロデュース公演を演出。映像ディレクターとしても活動。


by sadsonghappystory