<   2014年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧

燃える

さみしくて
燃えるような体験を求めて

それほどでもなことに
燃えた!と自分に言い聞かせ

だけどその祭が終わると
さみしくてしかたがない

そんなループを断ち切らないと
「燃える」依存症になってしまいます

そうなると
もっともっと大したことないことにも
大興奮しなくてはならなくなり

こういう感情のインフレは
人の体力を容赦なく奪い

そんなこんなで僕は
「燃える」より「うれしい」「楽しい」
などを上位に置くようになりました
f0141840_329506.jpg

2月有楽町


 
by sadsonghappystory | 2014-02-28 03:30 | いろいろ

聞く 聞き流す

聞いてほしいのか
聞き流してほしいのか

老若男女
けっこう後者なことが
多い気がします

つまり
言葉にすることに
意味があるのだなと
f0141840_154410.jpg

2月溜池
by sadsonghappystory | 2014-02-27 01:54 | いろいろ

善きもの悪しきもの

善きものと悪しきものが
この世の中にはあります

んで
それを決めるのは自分

他人の意見は
大いに参考にしてよいと思いますが
決めるのは自分です

僕は自分で決めた「悪しきもの」には
なるべく近づかないようにしています

たとえそれが他人にとって
「善きもの」であってもです

味覚と同じで
自分の感覚を頼るしかないことは
この世の中にあると思います

誰かにとっての正解ではなく
自分にとっての正解を探すのが
人生楽しくやるコツではないかと
f0141840_2182238.jpg

2月品川区
by sadsonghappystory | 2014-02-26 02:18 | いろいろ

いつから明日か?

くだらない疑問です
いつから「明日」なのか?

もちろん0時からなのですが
実感とはほど遠い感じです

午前2時くらいですかね?
空が明るくなったら?
それとも起きたら?

ここまで書いて
自分は起きたら派だと
気づきました

さてあなたは?
f0141840_02241489.jpg
2月日比谷
雪の仕業っぽかったです




by sadsonghappystory | 2014-02-25 02:25 | いろいろ

県民性?

仕事の休憩中に
2人のスタッフと話をしていましたら
偶然2人とも同じ県の出身と判明

東京生まれのぼくは
質問をしてみました

「東京に初めて出てきた時の印象は?」
するとまず20代の男子が答えました

「電車が3分に1回来るんで驚きました」
聞くと彼の田舎ではバスが中心
それも40分に1本程度とのこと
そりゃあ驚くねと笑

次に40代男子が恥ずかしそうに
「通勤途中にみんなが快速や急行に
バンバン乗り換えることに驚いた」と

「どうして?」
「だって僕の田舎では別料金でしたもの」と

ある日立ち食いソバ屋のおばちゃんに
「ここらの電車はそんなことないのよ」と教わり
すべての謎が解けたそうです

それにしても
なぜ2人とも電車の話なのか?

○野県民は東京の電車に思うところあり
なんですかね〜笑
f0141840_23545379.jpg

2013年6月NY
by sadsonghappystory | 2014-02-24 00:10 | いろいろ

誕生日嫌い

「誕生日」にまつわる
すべてが苦手です

先日その理由が急にわかって
ちょっと狼狽しました
その理由とは?

忘れてしまおうかと
思いましたが
面白いので書いちゃいます

あれは10歳になるかならないころ
自分と近い誕生日の友達に
「誕生日会をやろう」と誘われました
「プレゼント交換しよう」とも

どういう流れでそうなったのか
「手作りの飛行機の模型を交換する」と

さて困りました
そんなもん作ったことなかったからです

宿題から逃げる子供(コドモでしたが笑)のように
前夜半泣きになりながら手作り飛行機を作るぼく

翌日手渡された友達の飛行機は
零戦のプラモデルをベースに
オリジナルデコレーションがほどこされたもの
「ありがとう。。。」

焦りました
だってぼくの飛行機は割り箸にティッシュを巻き付けて
その外側をビニールテープでぐるぐる巻きにして固定した
ものすごくしょぼくて投げやりな飛行機だったからです

そしてぼくの飛行機を見た友達の一言
「なんだこれ(失笑)」

あれは傷ついたなあ〜涙

というわけで
プレゼントのやり取りをすることに対する
恐怖がいまだに消えない(40年経つっつうの笑)
ぼくなのでした

先日道を歩いていて
突然あのときの風景と痛みがよみがえり
立ち止まっちゃいました

そしてそれが
誕生日嫌いの理由なんだ!と
突然理解してしまったおどろき

人は自分でも忘れているような理由で
「好き嫌い」が決まっていたりするのですね〜
f0141840_22122858.jpg
2月東京
三菱一号館美術館






by sadsonghappystory | 2014-02-23 00:10 | いろいろ

ネットが発達しても

ネット社会になって
ひそかに期待していたことは
「深い情報が得られるかも」
ということでした

結果は
そんなことなかったね〜
でした

けっきょく深い情報は
カラダを使ってゲットするか
アタマを使って浅い情報群から
深い情報をひねり出すか
しかないようです

つまりネットが発達する以前と
そんなに変わりがないということです
f0141840_01211187.jpg
2月東京



by sadsonghappystory | 2014-02-22 01:51 | いろいろ
いま準備している翻訳劇に
ヒロインのこういうセリフがありました

「私は理解してもらいたいわけじゃない
ただ愛されたいの」

たまたま読んでいた映画の本に
まったく同じセリフが出て来ました
別の映画の中でのセリフでした

「私は理解してもらいたいわけじゃない
ただ愛されたいの」

男は好きな人を理解したくなっちゃいます
だけど女は愛されたいだけだったりします

ここらへんが
男と女の間にあると言われている
暗くて深い川の正体みたいですね〜♪

おまえ何でそんなこと言うんだよ!?
みたいな疑問は理由が分ったところで
何の意味もないのかもしれませんよ
男性諸君
f0141840_02492255.jpg
2月品川区




by sadsonghappystory | 2014-02-21 02:03 | いろいろ

伝わっちゃうこと

面と向かって話しをすると
相手がどう思っているのかが
はっきり伝わってきます

軽んじられているときは
特に

ということは
こっちがどう思っているかも
だだ漏れだということですね

気をつけなくっちゃ

f0141840_02490785.jpg
2月有楽町





by sadsonghappystory | 2014-02-20 03:16 | いろいろ

人間関係は変化するのだ

昔からの知り合いで
ひさしぶりに会う年上の人に
感じることです

「おうイタガキ」と言われたとして
「なんスか〜♪」と答えられるか
「(チッ)」と思うか

前者はセンパイと認識していた人
後者は単に上司だった人
という分類ができました

自分もすっかり
年上の役回りが増えたので
接し方を気をつけなきゃなと

f0141840_02494062.jpg
2月銀座




by sadsonghappystory | 2014-02-19 02:51 | いろいろ

★板垣恭一/いたがききょういち 東京都出身。演出家。日大芸術学部演劇学科、第三舞台を経て、フリーの演出家に。以降、数々のプロデュース公演を演出。映像ディレクターとしても活動。


by sadsonghappystory