<   2012年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧

「そんなやりかたじゃダメだ」と
センパイが言う

自分の成功したやりかた以外を
認められないのは仕方ないこと
なぜってつまり昨日書いた話
「世界=自分」だからです

困ったことに こういう
断定的なアドバイスをする
多くのセンパイたちは
善行のつもりだということ

「そんなやりかたじゃダメだ」の正体は
「そんなやりかたオレは知らないからやめてくれ」
ということなのですけれど
自覚度合いは いかほどか?
f0141840_1121572.jpg

青い水の池を見ました
by sadsonghappystory | 2012-08-31 01:13 | いろいろ

世界は自分である

ヒトは自分が
理解できる範囲でしか
物事を理解できません

つまりあなたの「世界」は
あなたの想像力が
およぶ範囲でしかない
ということです

僕は「世界」を理解するために
見聞を広めてきたつもりでした

だけど今日この文を書きながら
間違いに気づきました

見聞を広めるのは
世界を理解するためではなく
「世界」そのものを拡げるためだと

世界は自分なのです
f0141840_1271132.jpg

短い夏休みを
湖のほとりで過ごしました
by sadsonghappystory | 2012-08-30 01:28 | 「自分」について

丸ごと認められる

自分と世間(世界でも社会でもいいです)の
おりあいがつくことが「幸せ」なのかもしれません

世間と おりあいをつけるために
必要なもののひとつが
自分の存在を丸ごと認めてくれる
大人の存在かと思います

まあ子供のときの話ですけれど
人によっては20代までくらいまで大丈夫かな?

親がそうであることが理想ですが
そうもいかないのが人生

近くの大人(他人でも)がその役割を
はたしてくれればラッキーです

そこから先は本人の性格の問題かもしれません
存在を丸ごと認めてくれる大人がいても
満足できなかった元子供もたくさんいるのでしょう

とまあ自分の子供時代を思っての話
自分はめぐまれていたと思います

これからは認めて(肯定して)
差し上げる立場でもあるし

でも認めてあげたい子(20代含む)と
そうでない子はいるもんでして

その違いはいったい何なのだ?
という部分を今後はもっと考えていこうかと
f0141840_21401773.jpg

京都南禅寺の近くに
インクラインと呼ばれる
船を川上にはこぶための
線路跡があります

写真は
そのインクラインの下の
歩道トンネル
by sadsonghappystory | 2012-08-29 14:07 | いろいろ

職業の選びかた

職業を選ぶとき
こういう基準はどうだろう?
と思いました

団体行動は得意か?

たくさんの人間と
歩調を合わせるべき仕事が
あると思います

いっぽう
少人数とすり合せられれば
大丈夫な仕事があると思います

人間関係の規模で
自分の仕事をイメージするんです

大組織なのか個人なのか
という基準で職を整理すると
ちがう世界が見えてくると
思うんですよね
f0141840_22262861.jpg

神社仏閣シリーズ

高台寺にある遺芳庵(いほうあん)
茶室です
by sadsonghappystory | 2012-08-28 00:10 | いろいろ

気配

急いでいるとき
前を歩いている人がじゃまで
困ることがあります

これが
9割方イアフォンをしています
という話を以前も書きました

ということはイアフォンを
していない人は
後ろから近づく人の気配を
感知しているということです

「気配」を感じるのは「耳」

つまり耳は
音以外にも何かをキャッチする
器官なんでしょうね〜
f0141840_0552674.jpg

一週間前まで原宿で
お芝居をしていました〜
歩道が広い街はいいですね
by sadsonghappystory | 2012-08-27 00:52 | いろいろ

負け方について

人はみんな
プライドが高いです

だけど人生なかなか
思い通りにならないもの

世の中と折り合いをつけるため
いろいろな苦労があるものです

そんなことを考えていて
ふと思いました

勝ち方の方法論は世にあふれてますが
負け方の方法論はあまり見かけません

たしかに夢や希望を語るには
勝ち方が大切です

だけど
実際の人生は負け方にこそ
クリエイティビティ(独創性)が
問われるのではないでしょうか?

説明フェチの僕としては
「負け方の法則」を考えていこうと
さきほど思いました
f0141840_23164763.jpg

神社仏閣シリーズ番外編

京都にあった瓦屋根の
セブンイレブン
by sadsonghappystory | 2012-08-26 00:10 | いろいろ

出来る人と出来ない人

出来る人には
出来ない人の理由が
よく分かりません

出来ない人には
出来る人の理由が
よく分かりません

双方を結びつける方法は
ないものかとよく考えます
f0141840_23231241.jpg

神社仏閣シリーズ
京都散歩中に見つけた
大将軍神社
by sadsonghappystory | 2012-08-25 00:10 | いろいろ

走るおばあさん

炎天下の午後に
目撃した風景です

駅のロータリーに
バスがとまっていました
近くの総合病院行きです

そのエンジンがかかったとき
目の前を歩いていた
やや腰の曲がったおばあさんが
いきなりダッシュしました

ロータリーを斜め横断
バスへ向かって猛突進です
出発しそうだったバスに追いつき
無事乗車するおばあさん

そのあとしばらく考えました
おばあさんはどこが悪いの?
それとも見舞いなの?
とにかく足が早かったです

立っているだけでも
汗が吹き出してくる季節
ご自愛下さい
f0141840_1215340.jpg

このごろ料理する時間を持てなくて
ちょっと不満です
by sadsonghappystory | 2012-08-24 01:27 | いろいろ

エラーが起きる場所

以前にも書いた
「仕事」についての話です

複数の人がかかわる仕事では
それぞれのテリトリーの隙間で
エラーが起きるという例を
数多く見てきました

つまり「これ誰の仕事?」
という部分でエラーは起きると

同じ人間でも
気力体力に余裕がある時は
テリトリーを拡大できているので
このエラーは起きづらいです

ですが疲れていたり
現場に不満があったりすると
テリトリーは縮小に向かい
結果エラーが起きやすいと

僕が見てきた
ステキだと思うプロの方たちは
この傾向をすでにご存知でした

ですからデフォルトで自分の仕事の
テリトリーを拡げてあるみたいです

別の言い方をすると
自分以外の人の仕事をよく理解していて
最初から自分の仕事の範囲以上に
注意をはらっているようです

こういう仕事のやりかたを
ぜひ身につけたいと思っています
f0141840_029545.jpg

神社仏閣シリーズ
平安神宮神苑の泰平閣とその内側
f0141840_0331275.jpg

こういう建造物を
橋殿(はしどの)と言うそうです
by sadsonghappystory | 2012-08-23 00:34 | いろいろ

お前のため

お前のためを思っているんだ
とか
あなたのことを応援しています
とか

こういう言葉に簡単に
踊らされない方がいいです

言っている人は
何よりも「自分のため」を
思っているだけなので

誰かに必要とされたいのが人間
それを「他人のためを思う」という
隠れミノで実現しようという人は
けっこうたくさんいます

えーっと説明不足かな

「あなたのことを思う」かわりに
「わたしの存在を評価しろ」
という要求(無意識でも)を持つ人は
多いという話です

言う方も言われる方も
無自覚に「それでよい」と思うなら
いいけれど僕はゴメンですね
f0141840_027341.jpg

神社仏閣シリーズ

平安神宮応天門
ここには中国と韓国の
観光客の方がたくさんいました

バスが停まれるということと別に
この建物群にシンパシーを
感じるのでしょうか
by sadsonghappystory | 2012-08-22 00:31 | いろいろ

★板垣恭一/いたがききょういち 東京都出身。演出家。日大芸術学部演劇学科、第三舞台を経て、フリーの演出家に。以降、数々のプロデュース公演を演出。映像ディレクターとしても活動。


by sadsonghappystory