<   2012年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

「神」か「シネ」

「神」にしろ「シネ」にしろ
自分から遠い人を現す
という意味では
似たようなものです

自分探しの途中の人は
こういう言動に陥りやすい
と考えています

理解不能なものを
人は崇めたり貶めたりする

この話
以前にも書きましたが
何度でも書いちゃいます

なぜって
これが差別を生む構造だと
思うからです

そしてぼくは
差別はしたくないという
立場です

区別はしますが
差別はしたくない

両者の違いは
自覚的か無自覚的か
ということでしょうか

無自覚に他人を
傷つける行為は
人の醜い部分の
最たるものと考えます

そうなりたくない
そうなってほしくない

あ 僕が
自覚的に人を傷つける
という話ではありません
ねんのため
f0141840_0453474.jpg

大阪の空
by sadsonghappystory | 2012-06-30 00:58 | いろいろ

心が痛む風景

今日は気持ちのやり場のない話です
元気じゃない方はスルーして下さい

数日前のこと
山手線に乗っていました
目の不自由なおそらく20代男性が
乗ってきました

彼は混み合っていた車内に
半ば体当たりみたいな感じで
乗り込んで来ると
プライオリティシートに
向かって行きました

女の子をつきとばし
青年にぶつかり
少年を手で押しのけて

プライオリティシートの前に立つと
白い杖を床にガンガンと打ち付け
自分をアピールします

混雑していたのでよく見えず
あくまで想像ですが
イアフォンをして寝ている人数人
無視しているであろう人数人

座れないと分かった彼は
ドアの横の手すりに向かいます
そこにいた女性に身体をぶつけて
スペースを確保すると静かになりました

目の障害の他に
彼の顔には大きな傷がありました

次の駅につくと
彼はホームに飛び出して行きました
ホームに登って来るエスカレーターの前で
とまどう彼が見えました

そこに年配の女性が通りがかり
彼の身体を抱きかかえるようにして
別の方向へ誘導していきました

彼はあらがうでもなく
かと言って恐縮するでもなく
女性の誘導に従っていました

そして僕の視界からは
消えてしまいました

僕はこの一連をずっと見ていました
見ている以外に何をするでもなく
じっと見ていました

彼に押しのけられた少年が
おどろいてふりかえり
彼の顔と持っている杖に動きを止め
しかし怒りの収まらない顔で
彼の方をじっと見つめているのも
僕は見ていました

「やめろよ」と言うこともなく
「どうしたの?」と声をかけることもなく
僕はただその風景を見ていました
f0141840_0433750.jpg

大阪の景色
高速道路とJR
by sadsonghappystory | 2012-06-29 01:06 | いろいろ

自分も他人なのに

自分も他人なのに

そう思えるといろいろ
ラクだと思うんですよね

他人なんだから
いろいろ気を使うし
きびしく突っ込むし
笑ってあげられるし

自分というものとの
付き合い方を
いつも考えています
f0141840_2385091.jpg

三年ほど前の写真です
広島の平和記念公園の
入口の前の広場

この鶴すごいですよね
by sadsonghappystory | 2012-06-28 00:10 | 「自分」について
人間関係において
下手(したて)に出るのは
人生の知恵です

ただし
これはみんなが使う手

なのでそこでは
創造的な工夫が試されている
と思っています

独創的な「ヨイショ」なのか
巧妙な「へりくだり」なのか

いわば
下手(したて)のクリエイティブです

f0141840_0464989.jpg

ネギパスタ
by sadsonghappystory | 2012-06-27 00:47 | いろいろ

お金も目的

聞いた話です
お金もらってお芝居やってる人で
「お金が目的じゃない」なんて
言う人がいるんですって

なんでそんなウソつくかなあ
そもそもそう思うんだったら
お金もらっちゃいけませんて
と思いました

僕ですか?僕は
お金「も」目的です

f0141840_1415184.jpg

銀座を歩くと
写真を撮りたくなります
by sadsonghappystory | 2012-06-26 01:42 | いろいろ

善意こそが人を傷つける

善意でしたことが
相手を傷つけることがあります

というより日常生活においては
悪意が人を傷つける瞬間に
立ち会ったことがありません

むしろ善意こそが
人を傷つける

なぜ?といつも思うのですが
こういう構造だとすると
合点が行きます

善意=自分にとって正しいこと

こう考えるとある種の悪意さえ
「自分を正当化するため」
「自分を守るため」という意味では
言ってる本人にとって「善意」です

端的な例が
戦争です

互いの「正しいこと」が生み出すのは
殺し合いです

自衛するためには
おのれの善意を疑うことしか
ないのではないでしょうか?

「正しいこと」は正しいことゆえに
自分の価値観の基盤を作ってくれます
だから大切ではあります

だけどその確証さえも
疑う強さ(ひょっとしたら弱さ)を
持つことが出来たらと考えるのです

歯切れの悪さを持って生きること
それが本当の意味での
人としての強さや優しさに
つながると信じます

そしてその域からは
まだ遥か彼方にいる自分を
恥じることが多いです
f0141840_437347.jpg

きゅうりとワカメと練り物
これもすっかり定番です
by sadsonghappystory | 2012-06-25 04:37 | いろいろ

美人のだじゃれ

美人がだじゃれを言うと
それだけでありがたい感じがしますが
よく考えると単にだじゃれなわけで

美人というポイントが
高得点なために
みな(特に男性は)この事実に
反応が鈍くなりがちで

何が言いたいかと言うと
美人はいいねという話ではなく
この美人のだじゃれ的な現象は
たくさんあるよねってことでして

美人を「有名人」「先輩」「社長」などに
置き換えて考えてみてみましょうや
という呼びかけをしたいのです

だじゃれを「セクハラ」「パワハラ」「泣き落とし」
などに置き換えるのもいいかと思います

相手の立場や属性によって
僕らの判断は左右されます

いけないねという話ではなく
自覚的でありたいなという話でした
f0141840_128831.jpg

日比谷公園から帝国ホテルを見る
by sadsonghappystory | 2012-06-24 01:29 | いろいろ

結果 子供

言わないのが大人
ただし理解者がいないと
暴れたくなって
結果 子供

自分もふくめ
あるある笑

f0141840_1194891.jpg

豚汁
by sadsonghappystory | 2012-06-23 01:19 | いろいろ

必殺!大人扱い

大人の方は当然
大人扱いです

タイトルの意味は
おこちゃまな人にこそ
大人扱いを!という意味

なぜって
その方がパフォーマンスが
上がるからです
f0141840_3465123.jpg

焼うどん
すりゴマかけ
by sadsonghappystory | 2012-06-22 03:46 | いろいろ

天才と早熟の関係

天才は10回の練習で
あるレベルをモノにします

凡才は1万回の練習で
あるレベルをモノにします

どちらが優れた結果を残すか?

一概には言えないけれど
凡才の表現には効率の悪さゆえの
さまざまな彩りが加えられ
ちょっと味が増すような気がします

天才のひとつの特徴に
「早熟」というものがありますが
早熟は何年か何十年か経てば
後発組との差は消えてしまうもの

僕もそういう実例をたくさん見ました
なんていう話も先日
作曲家笠松氏としたのでした
f0141840_1164162.jpg

この春大阪で見かけた
三人組のおばちゃん
大阪アビイロード笑
by sadsonghappystory | 2012-06-21 01:19 | いろいろ

★板垣恭一/いたがききょういち 東京都出身。演出家。日大芸術学部演劇学科、第三舞台を経て、フリーの演出家に。以降、数々のプロデュース公演を演出。映像ディレクターとしても活動。


by sadsonghappystory