<   2012年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧

本当は何が言いたいのか

この人は
ホントは何が言いたいのかな?と
考えるクセがつきました

それを考える方が
自分は人と会話しやすいと
感じているからです

言ってる本人が
言いたいことを言っているとは
限りません

それどころか
言いたいことのホントの中身を
解っていないことだってあります

ただ言ってるだけという
「ホント」もあるので
あまりややこしく考えてるわけでも
ないのですが。。。
f0141840_26864.jpg

ゴーヤ入りサラダ
by sadsonghappystory | 2012-05-31 02:06 | 言葉について

悪いだけのヤツ

悪いだけのヤツというのは
物語の中だけにしかいません

実際のところ
悪いヤツもイイヤツな部分があり
人はややこしいわけです

ではなぜ悪いだけのヤツが
物語の中には登場するのか?

おそらくそこらへんが
物語の持つ武器であり
意味であるのではないかと

ええ
先日も書きました
二元論の話です

人間の中にある
善と悪を二つに分けることで
人間の内面について
考えやすくした

物語を作った人に
そういう意志があったというより
人間を描くにはその方法が
都合よかったということではないかと

言いたいことはふたつ

どんな人間にの中にも
善と悪が混在している

そして
物語は単なる事実と違うからこそ
意味があるということです
f0141840_0503873.jpg

神社仏閣シリーズ

大徳寺高桐院の庭
紅葉時はたまらんでしょうね
by sadsonghappystory | 2012-05-30 00:51 | いろいろ

センパイ業務

大人というのは
自然になるものじゃなく
自分の意志でなるものだと
先日書きました

センパイというのも
どうやら同じ構造のようで

言わば組織における
大人の立場といいましょうか

体育会系の方には
なんのこっちゃでしょうが
文科系人間関係で生きている身には
けっこうむずかしい問題です

というのも文科系の人は
センパイという立場に慣れておらず
その責任を強く感じすぎるように
思えるからです

コツは自分の責任の範囲を
普段から整理しておくことでしょうか
センパイだからといってすべてを
背負う必要はないのですから

その分類がうまく行かないときは
そもそもの自分の仕事の範囲を
見直す時期が来ているという
サインかもしれません
f0141840_21492698.jpg

神社仏閣シリーズ

徳大寺高桐院で見た茶室
さいきん茶室というものが
気になって〜
by sadsonghappystory | 2012-05-29 00:10 | いろいろ

いくらでも寝られた

いくらでも寝られる時期が
あったなあ〜と

この頃はちゃんと
目が覚めるんですよね
不思議なことに

これはまず
夜更かししなくなったから
あと忙しいからかと

そして歳だから
かな?

若いころは時間の使い方が
でたらめだったんだなあと
思います

だから若い人は今のうちそれを
楽しんだらいいと思います♪
f0141840_053461.jpg

新宿のビルたち
by sadsonghappystory | 2012-05-28 00:05 | いろいろ

酒は辛口

酒飲みの家系なもので
若いころからよく飲んでいます

父親が「酒は辛口」という人なので
僕もすっかりそういう人生でした

ところが最近気がついたのです
オレちょっと甘口が好きだわと

最初の知識が自分の人生を
ロックしてしまうってこと
他にもあるかもしれないなあ〜
f0141840_1451015.jpg

上野の公演
これは先週
by sadsonghappystory | 2012-05-27 01:45 | いろいろ

言葉は確かにエライけど

どんなに素晴らしい感動も
人に伝えるときには
「言葉」に置き換えるしか
ありません

自分の記憶にとどめるのでさえ
「言葉」の助けは必要でしょう

というわけで
「言葉」というものは
かなりエライものとして
世の中に君臨しています

エライことはエライのですが
しょせん道具だということも
忘れないようにしたいと思います
f0141840_3233976.jpg

麻婆豆腐
by sadsonghappystory | 2012-05-26 03:23 | 言葉について

音にする

元気のないとき
やる気のないとき
自信のないとき
ついてないとき

心がややbadな時に
その状態を音に変換してみると
ちょっと気持ちが晴れますよ
ちなみに僕は擬音派です

ぴよよよよーん
ぼよんぼよん
しゅるしゅるしゅる〜
ぴゅーーーーう

家にいる時によく
こういう音を出して
自分で笑っちゃっています
f0141840_28325.jpg

豚肉レタス炒め
by sadsonghappystory | 2012-05-25 02:08 | いろいろ

チェックポイント

人に対してたとえば僕は
10のチェックポイントを
持っています

そのうち3つでも信用できれば
あとのことは不問にして
信頼できる人として付合います

なかなか信用できなくて
チェックポイントを増やして行くと
うるさいヤツだと思われるでしょうが
まあそれも仕方ない

チェックポイントは人それぞれですが
「有名」なんてのをけっこう
点数高めに設定してる人が
多いんじゃないかなと

あながち間違いではありませんが
やはりその内実はよく吟味しないと
後で苦しむのは自分ですよね〜

これ
特定の誰かや何かに対しての
コメントではありませんので笑
f0141840_0495754.jpg

神社仏閣シリーズ

大徳寺 高桐院(こうとういん)の門
by sadsonghappystory | 2012-05-24 00:55 | いろいろ

刺青

刺青問題があるみたいですね

あれ
どのような刺青をした人が
どれくらいいるのかが解らないと
どうもこうもないような気がします

イニシャルを入れた程度の刺青と
背中全体に龍がいるような刺青を
同列に論じることは無意味でしょう?

せっかく問題を公にしたのだから
もう少し踏み込んだ事実が
公開されないものだろうか

それができないのだとしたら
そっちの理由の方が
気になります
f0141840_23173748.jpg

PRADAのビル
ここはいつも誰かが
写真を撮ってます〜
by sadsonghappystory | 2012-05-23 00:10 | いろいろ

自分

「自分」てきっちり考えると
むずかしいもんです

何をもって自分とするか?
そんなこと誰も解りませんて

対自分というのも
人間関係のひとつと考えようや〜と
以前も書きました

「自分」を自分にとっての
「相棒」として置いてみたら
僕はラクになりました〜
f0141840_2343131.jpg

ゆうべの新宿の空
by sadsonghappystory | 2012-05-22 00:10 | 「自分」について

★板垣恭一/いたがききょういち 東京都出身。演出家。日大芸術学部演劇学科、第三舞台を経て、フリーの演出家に。以降、数々のプロデュース公演を演出。映像ディレクターとしても活動。


by sadsonghappystory