<   2012年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧

「わかる」と「できる」

解ったからといって
出来るとは限らず

出来るからといって
解っているとは限らず

「解る」と「出来る」なら
僕はまず「出来る」を
大切にします

だけどそのあと
解ろうともします

両方あることで
次の「出来る」に
たどり着く可能性が高い
というデータを持っているからです
f0141840_2258268.jpg

韓国シリーズ
適当に歩いていたときの風景
どこの街に行っても
知らない道を歩くのが大好きです
by sadsonghappystory | 2012-04-30 00:10 | いろいろ

健康は何のため?

先日マッサージを受けていた時のこと
隣からこんな声が聞こえてきました

「僕はいつも言うんですよ
健康あっての仕事ですからねって」

うつぶせになってへばっていた僕は
それはちがうぞお〜〜〜と
反論したくなりました

健康のために生きるのではなく
生きていくために健康が有利
という話だと思うからです

健康は手段であって目的ではない!
ええい腹立たしい!
と思いながら気を失いました
気持ちよくて〜笑

そりゃ健康は欲しいさ
でもそれはもっともっと
大切なものが欲しいからなんだ
分かってくれるかい?
マッサージ師さんよ〜zzzzz
f0141840_18595164.jpg

大阪は梅田芸術劇場の横
昨日の風景です
「僕等の図書室」本日まで
by sadsonghappystory | 2012-04-29 00:10 | いろいろ

声に出して読みたい顔色

タイトルそのものの
話です

人は
声に出して読み上げたいほど
わかりやすい表情を
してしまう瞬間があります

たいていは
おどろいている時です

ちなみに今まで僕が見た中で
一番面白かった顔色は
「あんたなんでここにいるの?」
でした

ぼくのことを見くびってたんでしょうね
ええ♪いるんですよこの場所に♪

人間て正直なんだなと
自分も気をつけようと
思います
f0141840_2392285.jpg

神社仏閣シリーズ

龍安寺の石庭
ここはですね
本当に気持ちがいい空間でした
お近くにお寄りのさいはぜひ
by sadsonghappystory | 2012-04-28 02:40 | いろいろ

自分のレベルは

自分のレベルは
自分で決めるしかないです
いえ実は決めています

つまり
自分が納得したところが
自分の限界という話です

本来
レベルについて
他人が入る余地は
ないと思います

どこかの誰かが
見ていてくれる
なんてことはないからです
いやマジで!

自分が思う
レベルに向かって
我慢の戦いが出来るか?

その体力をどう保つかが
アタマの使いどころでは
ないでしょうか?
f0141840_2394789.jpg

神社仏閣シリーズ

龍安寺の池
by sadsonghappystory | 2012-04-27 02:40 | 「自分」について
大家族がひとつの空間で
暮らすような生活では
家がパブリックスペースで
外がプライベートスペースである

先日書いた話ですが
じつはこれ都会でも
同じになってきているかもと
思うようになりました

駅や電車の中で
一心にスマートフォンに
向かっている人の顔は
「プライベート」そのもの

あられもない「素」の顔が
かつてないほど街に
あふれていると感じます

興味深い現象ですが
別の角度から見ますと
商売ってスゴイなという
話でもあると思います

ボーッと出来る唯一の時間
かもしれないところに
「商品」をねじ込んで来る
わけですから

どちらにせよ自分としては
あまりに私事に熱中しすぎて
人様の前でまぬけ面さらさぬよう
気をつけようと思います〜
f0141840_020234.jpg

韓国シリーズ
ソウルタワーへ向かう
ケーブルカーの駅より
by sadsonghappystory | 2012-04-26 00:10 | いろいろ

ちゃんとした大人

大人って歳取ったら
なれると思ってたら
違うようです

大人って自分の意志で
なるものみたいです

あと大人ってのは
持ち回りでこなすべき
役割なんだとも
分かりました

いい歳だし
そろそろ自分も
当番みたいです

自分は
歳取った子供で
いたくないので
ちゃんとした大人を
目指そうと思います
f0141840_122319.jpg

昨日の表参道
春が来た
by sadsonghappystory | 2012-04-25 01:25 | いろいろ

自分以上の人と

自分以上の人と
ガッツリと組むことで
ジャンプアップするような成長が
生まれるのかもしれません

今日は「レベル」みたいな話です

知り合いの役者さんが
言ってました

若いうちは負け試合が許される
だからどんどんチャレンジして
負け続けたとしても
たまに勝てばそれで充分

だからセンパイたちの中に
自分は飛び込んで行ったんだと

レベルが上の人と
がっつり組むって結構ストレスなんです
だから役者さんが言ったことの
重さが分かります

ところがですね
いい歳になってきてもなお
しょっちゅう自分より上の人と出会うもんで
もう泣きそうです

でも成長するためなら
それも仕方ないかあ〜と考えています
それもいいかもね〜って
f0141840_2142050.jpg

鍋物のあまりを
うどんにしました〜♪
胡椒がポイントかな
by sadsonghappystory | 2012-04-24 02:15 | 「自分」について

ボクどーですか?再び

ボクどーですかとは聞かないけど
ボクどーですかとは思っています
そりゃあボクだって

では直接聞かずしてその答を
どうやって見つけているのか?
人の反応を見て判断しています

ラーメン屋のおやじが
お客さんがラーメンを完食したか
残したかを見るみたいなもの

おいしいですかお客さん?と
聞かなくても分かることは
けっこうたくさんあると思います

ちなみに例外について

信頼できる人には
聞いていいと思います

あと「生徒」の立場の人は
どんどん聞いていいと思います

ただしどちらにせよ
「ホメてもらいたいだけ」かは
普段から自問自答するクセを
つけることが必要だと思うんですよね
f0141840_1315643.jpg

韓国シリーズ
焼肉についてきた野菜
これで2人分おかわり自由♪
by sadsonghappystory | 2012-04-23 01:34 | いろいろ

ボクどーですか?

ボクどーですか?
と聞いてくる人がいます

理由は二種類
不安か自信があるか

どちらにせよ相手に求める答は
同じ「いいよ」です

一種類しかない答を
相手に強要することを
「暴力」と言います

僕はいじわるなので
「ボクどーですか?」的な質問者には
「ホメろってことね?」と聞き返します

言われた意味が分からず
絶句する顔を見て
やれやれと思います

だけど
未熟ゆえの魅力ってのも
あるかと考えもします

どちらにせよ自分としては
「ボクどーですか?」はもう
恥ずかしくてやれないなあ
f0141840_1591277.jpg

韓国シリーズ
ホテルの宴会場前で見た
おそらくこれは結婚式?
by sadsonghappystory | 2012-04-22 02:00 | いろいろ

びっくりするごとに

びっくりする目に合うことが
成長するカギになるような
気がします

びっくりするのは何故か?
自分の常識が通じないからです

つまり自分が理解しているより
「でかい世界」の存在に
打ちのめされるという構図です

自分の価値観が壊れてビックリする
でも同時に新しい価値観を手にできる

成長とはその構造上
必ず痛い目に合うように
できていると思うのです

さあ覚悟しよう〜♪
f0141840_285513.jpg

韓国シリーズ
単なる街の風景なのですが
外国だなあ〜と思ったので
by sadsonghappystory | 2012-04-21 02:10 | いろいろ

★板垣恭一/いたがききょういち 東京都出身。演出家。日大芸術学部演劇学科、第三舞台を経て、フリーの演出家に。以降、数々のプロデュース公演を演出。映像ディレクターとしても活動。


by sadsonghappystory