カテゴリ:○○作戦( 52 )

すっかり美術館とかに

行く人間になったのですが

若い頃は苦手でした

古い有名なものを見るのが

苦手でした

その理由は

昔のもので評価が定まったものの

うさんくささが嫌だったからです

そのものがではなく

評価を口にする人のうさんくささが

です

ホントにこの人は自分の目で

その評価をしてるのか?って思ってしまって

だから若い頃はポップカルチャーにばかり

走っていました

おかげさまで

すっかり大人になってから

自分で「この絵いいな」とか

「この神社かっこいい」と思うことがあったので

今はすっかり気にならなくなりました

つまり自分で見る目が出来上がるまでは

評価の高いものにはあえて近づかなかった

ということなのです



生まれた環境にカルチャーがあれば

気にならなかったのでしょうけれど

そういう環境にいない

同じようなあなたへ

自分の目を育ててからでも

間に合うってことも多いですよ



伝えたいなと
f0141840_02210349.jpg
神社仏閣シリーズ
2017奈良
金峯山寺(きんぷせんじ)



by sadsonghappystory | 2017-08-19 02:12 | ○○作戦
自分が何を欲しいのか

ちゃんと考えるのがいいと思います

流通している価値観ではなく

自分の言葉で欲しいものを考える作戦です
f0141840_02203565.jpg
神社仏閣シリーズ
2017奈良
天河大弁財天社



by sadsonghappystory | 2017-08-13 00:10 | ○○作戦

ただ行く作戦2

神社仏閣にただ行く作戦

でも

やたら行くうちに

なんとなく分かることもあります

たとえば

自分は仏像よりも建物に惹かれるなと

というより場所(空間)に対して

好みがハッキリしているらしいぞ?

みたいなことなのですが

まあちょっと分かったりするのです

というわけで

ただ行くのです

そして感じたことを

何年にもわたり

ボケーっと考えるのです
f0141840_00562814.jpg
2017大阪
大阪城シリーズ
ラスト

逆側のお堀からも見えましたけど
このビルを鏡みたいにした人は
偉いと思いました



by sadsonghappystory | 2017-06-22 00:10 | ○○作戦

ただ行く作戦

神社仏閣が突然好きになって

時間ができるとよく行ってます

細かい知識は全くなく

というかあまり興味がなく

ただ行くのです

これが何を自分にもたらしているか

今はよく分かりません

いつか「あ!」と思うのかな
f0141840_00562369.jpg
2017大阪
大阪城シリーズ
こっちが入り口ですね
どう見ても


by sadsonghappystory | 2017-06-21 00:10 | ○○作戦

語らない部分を見る作戦

苦手なヒトを
理解しようとするとき
そのヒトが語る内容ではなく
語らなかった内容で理解する
という作戦があります

この人は
何を言わなかっただろう
何には触れなかっただろう
ということを考えるのです

すると
「あ」と発見できることが
あったりします

ええ
f0141840_02250033.jpg
神社仏閣シリーズ
京都2012
南禅寺


by sadsonghappystory | 2016-10-30 01:58 | ○○作戦

いつでも変えられる

自分なりの方法論は
たいせつです

でもいつでもそれを
手放せる軽やかさは
もっとたいせつです

いつでも変われる
ということ自体を
方法論にする作戦です
f0141840_00130244.jpg
神社仏閣シリーズ
渉成園(しょうせいえん)の石垣


by sadsonghappystory | 2016-04-08 00:12 | ○○作戦

離れてみる作戦

理解したいから近づいて

でも近づくと余計に
分からなくなっちゃって


人間関係のことなんですけど

少し離れたところから
眺めるクセをつけてみて

まあ20年くらい経ったかな
このごろやっと落ち着いてきて

人間関係で疲れちゃったら
離れてみる作戦です

やみくもに近づくのは
あれだな

自分も理解されたいって
思いがあるんだろうな
潜在的に
f0141840_15425348.jpg
神社仏閣シリーズ
東福寺
西庭


by sadsonghappystory | 2016-03-21 00:10 | ○○作戦

打ち上がらない作戦

ひとつの公演が終わると
「打上げ」があるのが通例だ

昔はここで文字通り
打ち上がっていたのだけれど

このごろは
淡々と過ごすようにしている

理由は簡単で
仕事モードに再起動するのが
面倒だからだ

スイッチは入れたまま
ゆるやかに休みに入ったり
ゆるやかに復帰したりする

この作戦を導入してから
時間がたくさんあった頃より
「休む」ということが上手になった
ような気がする
f0141840_02020125.jpg
コペンハーゲン
アマリエンボー宮殿




by sadsonghappystory | 2016-01-18 02:41 | ○○作戦

自分のランニングコスト

自分というものの
ランニングコストを
計算する作戦

年間に
ホントはいくらあれば
自分は満足なのか
計算してみるという遊びだ

家賃
食費
交際費
旅費
趣味にかけるお金

とにかく
必要だと思う項目を書き出して
ホントにかけたい金額の
合計を出してみる

つまり
欲望のコスト計算だ

これ
意外なことが
たくさんわかる

けっこう質素だった
思った以上に強欲だった
変なところにお金が必要だった
なーんにもこだわってない部分が見えた
などなど

おのれを知るって
健やかな人生のために
いちばん必要だと思う

そのためにこういう方法を
思いついたのだ〜
f0141840_02081560.jpg
8月ロンドン
町歩き



by sadsonghappystory | 2015-10-11 01:51 | ○○作戦

顔色を見ない作戦

気に入られたいと
つい相手の顔色を
気にしてしまいます

でも
かえってうまく行かない
なんてことが〜

合わせるって
難しいからだと思います

というか
じつは無理なんじゃね?
って

人に合わせるより
確固たる自分を作ることが
結果的に気に入られる
(というか認められる)
近道なのではないか

時間はかかるのですが
それしかないと
思うんですよね
f0141840_03263106.jpg
8月ロンドン
ヴィクトリアパレスシアター

ビリーエリオット
面白かった!



by sadsonghappystory | 2015-09-22 01:24 | ○○作戦

★板垣恭一/いたがききょういち 東京都出身。演出家。日大芸術学部演劇学科、第三舞台を経て、フリーの演出家に。以降、数々のプロデュース公演を演出。映像ディレクターとしても活動。


by sadsonghappystory