自分の流儀というワナ

自分のスタイルを見つけるのは大変

長い試行錯誤があってやっと手に入ります

オレはこういうやりかたなんですよ〜

とか言えるようになる嬉しさ

でもそこに落とし穴もあります

自分の流儀が自分のやりかたへの弁護にしかなってない

という落とし穴が

そうなると新しいものが入ってこなくなります

流儀を持たない流儀というのが

カッコいいと今は思います
f0141840_03160204.jpg
インスタントラーメン
ハムとネギをごま油で炒めて
トッピング

by sadsonghappystory | 2017-04-22 01:09 | いろいろ

★板垣恭一/いたがききょういち 東京都出身。演出家。日大芸術学部演劇学科、第三舞台を経て、フリーの演出家に。以降、数々のプロデュース公演を演出。映像ディレクターとしても活動。


by sadsonghappystory