大人を「やる」6

大人を「やる」について
その6です
これでラストにします

その4でも書きましたが
純粋(ピュア)と無垢(イノセント)を
僕は褒め言葉と思っていません

そういうことを盾に
いい歳になっていても
大人をやろうとしない人間が
たくさんいるからです

大人とは「やる」べき業務ですから
ある一定量社会に存在しないと
その社会が子供っぽくなっちゃって
僕はイヤなわけです

ああでも
もしかしてこれって
穢れ(けがれ)を嫌う文化と
まじっちゃってるかもしれませんね

純粋と無垢っていうのは
そういう意味では価値が高いですから

でも
穢れを嫌うのと
大人業務をとぼけるのは
一緒にすんなよ!

とまあ
僕は思うわけなのでした
以上シリーズ終わりです
f0141840_03160701.jpg
神社仏閣シリーズ
2011年奈良
春日大社


by sadsonghappystory | 2016-08-29 02:07 | いろいろ

★板垣恭一/いたがききょういち 東京都出身。演出家。日大芸術学部演劇学科、第三舞台を経て、フリーの演出家に。以降、数々のプロデュース公演を演出。映像ディレクターとしても活動。


by sadsonghappystory