なまけるつもりがないのなら

社会主義国家が
うまく行かなくなりがちな
ひとつの理由として

「働いても働かなくても
給料が同じなら
人は働かないものだから」

なんて言う先輩がいます
また別の先輩は教育について

「その行動の結果
得られる報酬が何か分かったら
人は最短距離で進もうとする」

なんて言っています
この二つ同じ話でして
なるほど〜と思うわけです

つまり人間はなまけがちだ
という話です

そこで考えました

大きなことを成し遂げたいと
思うなら

目標(報酬)を大きく高く遠くに
設定した方がよいのだと

ただでさえさぼりがち
ただでさえ効率重視

その上
到達ポイント(目標)が
しょぼかったら
大したことは出来ないと
思うんですよね

とはいえ
何をもって大きな目標と
言うのかはむずかしいですね

そこらへん
考えていきます〜
はい
f0141840_00413967.jpg
かつお
ネギと生姜とマヨネーズで和え
カイワレをトッピング







by sadsonghappystory | 2016-04-09 00:10 | いろいろ

★板垣恭一/いたがききょういち 東京都出身。演出家。日大芸術学部演劇学科、第三舞台を経て、フリーの演出家に。以降、数々のプロデュース公演を演出。映像ディレクターとしても活動。


by sadsonghappystory