本当のことを言う人は嫌われる

「本当のことを言う人は嫌われる」
まあ言葉どおりの話です

理由は
ヒトは自分の理解したいカタチでしか
世の中を見たくないだからでしょうか

この「理解したいカタチ」のことを
「ものがたり」と言います

自分が見たい「ものがたり」に
そぐわない意見をヒトは
嫌うというわけです

でもたまには
その色メガネをはずしてみる勇気も
必要だという意見です

でないと
違う「ものがたり」を見るヒトを
徹底的に攻撃したくなる衝動に
取り込まれてしまうからです

あくまでも
自分が見ているのは「ものがたり」
つまり自分なりのフィルターがかかった
「解釈」にすぎないという自覚を持つことが
大切だという意見です

話はちょっと変わりますが
見世物としての「物語」は
日常における「ものがたり」の限界を
供養するためにあると思うのです

ですから
ウソであることを前提とした
「物語」というものは
健全だという意見です
f0141840_02072632.jpg
コペンハーゲンの市場


by sadsonghappystory | 2016-01-05 00:10 | いろいろ

★板垣恭一/いたがききょういち 東京都出身。演出家。日大芸術学部演劇学科、第三舞台を経て、フリーの演出家に。以降、数々のプロデュース公演を演出。映像ディレクターとしても活動。


by sadsonghappystory