「夢に向かってがんばる」という物語

「夢に向かってがんばる」
という物語にとりつかれてしまうと
夢が実現しない方が
物語が続いて都合がよい

という不思議な現象に
巻き込まれるのではないでしょうか

例えば誰かの「ファン」になったとして
その人を追いかけたいけど
実際に二人きりになっても困っちゃうみたいな

「物語」とは時に「人生の意味づけ」であり
思うに「夢」も「物語」の一種です

今回のタイトルはそういう意味で
このことに自覚的じゃないと
後であたふたすることになるぜという
意見だったりするわけです
f0141840_00394067.jpg
美術館シリーズ
ヴィクトリア&アルバート博物館
なんかとにかく実物がドーンと展示されてます




by sadsonghappystory | 2015-10-05 00:51 | 物語について

★板垣恭一/いたがききょういち 東京都出身。演出家。日大芸術学部演劇学科、第三舞台を経て、フリーの演出家に。以降、数々のプロデュース公演を演出。映像ディレクターとしても活動。


by sadsonghappystory