個人競技と団体競技

糸井重里氏が今日の「ほぼ日」の
トップページに

「社会は、個人的な優秀さを競い合う場ではなく、
複数の人が力を合わせて、問題を解決する場なのです」

と書いてありました
いやまったくおっしゃるとおり

これをイタガキ的に言い直しますと
「テストは個人競技 人生は団体競技」
となります

どうしてこんなことを考えているかと言うと
なんか人生をテストの延長(個人競技)だと
思い込んじゃってる人がけっこういるぞと
思うからで

そういう人って
誰かにマルをもらいたがってるように
見えるんです

人生には正解があって
自分が正しいことをすれば
誰かがマルをつけてくれるって

人生団体競技作戦のよいところって
お互いにマルをつけ合えるってことかと

もちろんチームとしての勝利は目指すので
正念場や修羅場はたくさんありますけれどね

人はみなひとりでは生きてゆけないものだから〜♪
とは中村雅俊さんの歌ですが
ホンマにそうや〜と思うこのごろなのでした
f0141840_23155751.jpg
2月 青山
高橋是清翁記念公園
たかはしこれきよ の屋敷跡です
建物自体は「江戸東京たてもの園」の中で
見たことがあります


by sadsonghappystory | 2015-02-07 01:36 | いろいろ

★板垣恭一/いたがききょういち 東京都出身。演出家。日大芸術学部演劇学科、第三舞台を経て、フリーの演出家に。以降、数々のプロデュース公演を演出。映像ディレクターとしても活動。


by sadsonghappystory