リベンジとかルサンチマンとかで生きる限界

リベンジとは「復讐」みたいなこと

ルサンチマンとは
「弱者が強者に対して憎悪とか非難の感情を持つこと」
みたいな意味

こういう気持ちは
生きる原動力になったりしますが
長い目ではどうでしょう

スタートダッシュはそれでいいでしょう
誰よりも早く飛び出せるでしょう
その強さは武器でしょう

だけどもう誰もその人を
虐げていない馬鹿にしてもいない
そうなった時にはどうでしょう

根っこがネガティブな感情って
やがて人を遠ざけて行くと思うのです

つまりネガティブな気持ちだけでは
越えられない壁があるってことです

リベンジやルサンチマンをバネに生きる人に
どこかでその方法に変わる戦い方が見つかるといいなと思います

パワーは多少落ちますが
「よきこと」を産む出せるようになると思うんですよね
f0141840_02031371.jpg
12月 近所






by sadsonghappystory | 2014-12-13 02:03 | いろいろ

★板垣恭一/いたがききょういち 東京都出身。演出家。日大芸術学部演劇学科、第三舞台を経て、フリーの演出家に。以降、数々のプロデュース公演を演出。映像ディレクターとしても活動。


by sadsonghappystory