ほんとはひとつのもの

ひとつのことを
考えるためには

ものごとをふたつに
分けるしかありません

たとえば
善悪
心と身体
精神力と技術

でもじっさいは
ひとつのことなのです

つまり
善い反面には悪い面があり
心は身体のドレイであり
精神力の弱さは下手と同義だと
いうようなことです

この話のミソは
山はどちらから登っても
同じだということです

悪い面を考えることは
善い面を考えることになり
身体の安定が心の強さを生み
技術の向上が強い精神力を作る
ということです

なんだかややこしく
なっちゃいました

「考え方」を考える方法について
書いてみたつもりなんですけどね
苦笑

うーん
文書が下手で
自分にがっかりだ
f0141840_00460172.jpg
冷や奴




by sadsonghappystory | 2014-08-01 00:46 | いろいろ

★板垣恭一/いたがききょういち 東京都出身。演出家。日大芸術学部演劇学科、第三舞台を経て、フリーの演出家に。以降、数々のプロデュース公演を演出。映像ディレクターとしても活動。


by sadsonghappystory