引き受ける

生きているかぎり
何かを引き受けなくては
ならない局面があります

たとえばそれは
誰かのミスだったり
上からの命令だったり
まわりからの期待だったり

引き受けるか
引き受けないかは自由です

でも
引き受けると決めたからには
泣き言は言えないというのが
社会のルールです

だから
がんばろーというのが
ひとつ

そしてたまには
引き受けたことリストの
見直しをして
ラクになろーというのが
もうひとつ

両方のバランスを
取り続けることが
人生を楽しむひとつの
コツかもしれません
f0141840_2124711.jpg

1月豊洲
by sadsonghappystory | 2014-01-17 02:13 | いろいろ

★板垣恭一/いたがききょういち 東京都出身。演出家。日大芸術学部演劇学科、第三舞台を経て、フリーの演出家に。以降、数々のプロデュース公演を演出。映像ディレクターとしても活動。


by sadsonghappystory