何かあったときが勝負

今日のタイトルについて
よくここで話題にしていますが
また書いちゃいます

仕事だったら
「うまくやれて当たり前」
というレベルに早く持って行こうと
考えています

なぜなら
何かあったとき
ギリギリ達成できるレベルでは
対応しきれないからです

ありとあらゆる困難や
突発的なアクシデントが
襲いかかってくるのが仕事の現場です

そんなときにも
身動きが取れるのが
本物のプロフェッショナルだと
思うのです
f0141840_00190423.jpg


あまりものチャーハン




by sadsonghappystory | 2014-01-06 00:21 | いろいろ

★板垣恭一/いたがききょういち 東京都出身。演出家。日大芸術学部演劇学科、第三舞台を経て、フリーの演出家に。以降、数々のプロデュース公演を演出。映像ディレクターとしても活動。


by sadsonghappystory