Tくんのいらだち

小学校低学年のころ
一番仲良しだったのは
Tくんでした

家が近所で
ともに野球好きだったこともあり
いつも一緒にいました

高学年になり
やがて中学生になり
僕らの間には溝ができました

野球部で彼はレギュラー
僕は球拾い
勉強も彼の方ができたし
精神的にもTくんの方が
ずっと早熟だったと思います

あのころのTくんにとって
僕は幼くてバカに見えただろうな

彼は僕をバカにしたり
邪険にしたことはなかったけど
「いらだち」はあったと思います

「こいつじゃつまらない」っていう

すっかりおじさんになって
仕事場でえらそなことを言ってる僕は
いまでもその頃のことを思い出します

仲良しだったTくんより
ちょっとバカで幼かった自分

それが今でも
自画像となっています

「たいして頭もよくなく大人にもほど遠い自分」
という形で

そしてそれを気に入ってます
だから「今日も少しがんばるか〜」と
スイッチを入れられるのだと思うからです
f0141840_0313158.jpg

6月東京赤羽橋あたり
by sadsonghappystory | 2013-12-27 00:34 | いろいろ

★板垣恭一/いたがききょういち 東京都出身。演出家。日大芸術学部演劇学科、第三舞台を経て、フリーの演出家に。以降、数々のプロデュース公演を演出。映像ディレクターとしても活動。


by sadsonghappystory