被害者の論理

被害者意識って
誰にでもあると思います

自分だけソンをしてるとか
どこかの誰かにダマされているとか
不当なあつかいをうけたとか

その気持ちはよくわかりますが
僕の注目はだんぜん
加害者意識です

なんでこんなこと書くかというと
被害者意識に乗っかった人の言動って
ものすごく攻撃的で危険だからです

「自分は被害者である
だから正当な抗議(もしくは意見)をする権利がある」

おそらくそういう論理なんでしょうけど
その二次災害の被害者ってのも生まれる
ってことには想像が及ばないのだろうか

「自分の無意識の言動が誰かを
怒らせたり傷つけたりしてないか?
たぶんしてるんだろうなあ。。。」

正論を言うときは
それくらい恐る恐るなくらいで
ちょうどよいと思うのですが
どう思います?
f0141840_0292332.jpg

10月の新宿
by sadsonghappystory | 2013-10-15 00:29 | いろいろ

★板垣恭一/いたがききょういち 東京都出身。演出家。日大芸術学部演劇学科、第三舞台を経て、フリーの演出家に。以降、数々のプロデュース公演を演出。映像ディレクターとしても活動。


by sadsonghappystory
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31