いいものと悪もの

「悪」とは
すべての人間が持っている菌みたいなもので
条件がそろうと誰でも発症する病でもある
と思います

ただし症状は限定的で
全人格が「悪」なんて人は
おそらくいません

同じ理由で
全人格が「善」なんて人も
おそらくいません

いいものと悪ものがいるのは
物語の中だけなのです

だから
実生活で悪もの探しに
必死になっている人を見ると
ビックリします

あ そうか
彼らは現実を見てるんじゃなくて
物語を見ているんだな

問題解決は二の次で
自分のストレスを逃がすことが
最優先なんだな

でも
それってどうなんだろう
幼すぎないだろうか

「それもまた人間」と
言ってしまえば言えるのだけど
それじゃちょっと悲しいなと思う
今日このごろです
f0141840_01638100.jpg

6月の銀座
何度も言いますが
被写体としての銀座がスキなもんで
行くと必ずシャッターを切ってしまいます
by sadsonghappystory | 2013-10-08 00:10 | いろいろ

★板垣恭一/いたがききょういち 東京都出身。演出家。日大芸術学部演劇学科、第三舞台を経て、フリーの演出家に。以降、数々のプロデュース公演を演出。映像ディレクターとしても活動。


by sadsonghappystory