特別でありたいということは

誰もみな
自分は特別でありたいと
思っているのではないかと

ということは
誰もみな特別じゃないという
証明にもなっているのではないかと

愛が大切なんて物言いが
ちまたにあふれるのだとしたら
愛なんて実態はないという
証明ではないかと

正しいことが大好きな人間ならば
正しいことをあまりしないのが
人間の正体なのではないかと

つまりこういうことです
声高に叫ばれることは
実態がないという証拠だと

あきらめているんじゃありません
ちゃんと考えようよと言いたいのです

 まずそこらへんを理解した上で
「特別」やら「愛」やら「正しい」などを
考えてみませんか?というお誘いです
f0141840_21581718.jpg

7月の銀座
by sadsonghappystory | 2013-10-07 00:10 | いろいろ

★板垣恭一/いたがききょういち 東京都出身。演出家。日大芸術学部演劇学科、第三舞台を経て、フリーの演出家に。以降、数々のプロデュース公演を演出。映像ディレクターとしても活動。


by sadsonghappystory