物語は必要だから

理想と現実の
ギャップを埋めるために
物語は必要なのだと思います

受け入れ難い現実を
なんとか受け入れる手助けのために
と言い換えてもいいかもしれません

劇を作るという形で
自分が物語を発信するなんて
思ってもいませんでした

でもそうなってしまった以上
はんぱなモノを作らないよう
がんばろうと思う日々です
f0141840_13542479.jpg

NYシリーズ
イサムノグチ美術館
by sadsonghappystory | 2013-08-26 00:10 | 物語について

★板垣恭一/いたがききょういち 東京都出身。演出家。日大芸術学部演劇学科、第三舞台を経て、フリーの演出家に。以降、数々のプロデュース公演を演出。映像ディレクターとしても活動。


by sadsonghappystory