頭を垂れる

他人の作品に触れ
頭(こうべ)を垂れる

年齢とともに自信が出て来て
つい「自分イケてんじゃね?」
なんて思う時に

自分が好きな表現者の作品を
じーっくりと鑑賞して
「ああーまだまだだあああ」と
反省します

先日もそうやってある人の
歴史や作品をネットで検索しまくり
その仕事のパワーに圧倒されました

うーん 自分未熟

自分がかつて誰かから受けた感銘を
誰かにリレー出来ないと
こんな仕事しててもカッコ悪いです

さあがんばろ〜っと
f0141840_033235.jpg

東京国立博物館シリーズ
能面「猩々(=しょうじょう)」
酒好きの妖精だそうで
だから顔が赤いとのこと
by sadsonghappystory | 2012-11-02 00:07 | いろいろ

★板垣恭一/いたがききょういち 東京都出身。演出家。日大芸術学部演劇学科、第三舞台を経て、フリーの演出家に。以降、数々のプロデュース公演を演出。映像ディレクターとしても活動。


by sadsonghappystory