「しない」より「する」の考え

「〜しない」という考え方は
何も生み出せません

「〜する」という考え方が
何かを生み出すと思います

たとえば
ガミガミ言わない
という考えがあるとします

これを実行に移そうとすると
意外と難しい

ガミガミ言わないとは
つまり何をすることなのか
分からないからです

そこで僕が気がついたのが
「〜しない」ではなく
「〜する」という考え方です

つまり
否定形は簡単
肯定形で語るべきだ!
という話

いろーんな局面で
役に立つ考え方なので
おすすめします
心から
f0141840_2225270.jpg

よく作ります
レンコンのきんぴら♪
by sadsonghappystory | 2012-09-25 02:23 | いろいろ

★板垣恭一/いたがききょういち 東京都出身。演出家。日大芸術学部演劇学科、第三舞台を経て、フリーの演出家に。以降、数々のプロデュース公演を演出。映像ディレクターとしても活動。


by sadsonghappystory