プライベートスペースは外

大家族がひとつの空間で
暮らすような生活では
家がパブリックスペースで
外がプライベートスペースである

先日書いた話ですが
じつはこれ都会でも
同じになってきているかもと
思うようになりました

駅や電車の中で
一心にスマートフォンに
向かっている人の顔は
「プライベート」そのもの

あられもない「素」の顔が
かつてないほど街に
あふれていると感じます

興味深い現象ですが
別の角度から見ますと
商売ってスゴイなという
話でもあると思います

ボーッと出来る唯一の時間
かもしれないところに
「商品」をねじ込んで来る
わけですから

どちらにせよ自分としては
あまりに私事に熱中しすぎて
人様の前でまぬけ面さらさぬよう
気をつけようと思います〜
f0141840_020234.jpg

韓国シリーズ
ソウルタワーへ向かう
ケーブルカーの駅より
by sadsonghappystory | 2012-04-26 00:10 | いろいろ

★板垣恭一/いたがききょういち 東京都出身。演出家。日大芸術学部演劇学科、第三舞台を経て、フリーの演出家に。以降、数々のプロデュース公演を演出。映像ディレクターとしても活動。


by sadsonghappystory