これは私の仕事

どこまでが自分の仕事で
どこからは他の人の仕事か
普段から考えておくことは
大切だと思います

サボるためじゃありません
仕事のパフォーマンスを
上げるためです

複数の人間が関わる仕事において
問題が生じるのはおおむね
これは誰の仕事?という
領域においてです

エラーが起きたとき
仕事の領分に敏感だと
対応が早いです

「誰かがやらねばチームが損する」
「だったらオレがやろう」もしくは
「あいつにやってもらおう」
という判断も素早く出来ます

自分の領分があやふやだと
「これ誰の仕事だよ〜!」と
不満(じつは不安)が先に立ってしまい
対応が遅れます

以前にも書きましたが僕は
いっちょまえの仕事人かの判断を
「それはできません」と言えるかで
見ています

できないことをやらない
これもじつは自分の仕事の領分に
敏感であるか?という話です

仕事の場所においては
結局仕事そのものを守ることが
自分を守ることにもつながると考えます
だから勝手におすすめする次第
f0141840_22432142.jpg

神社仏閣シリーズ

金沢尾山神社神門(しんもん)
明治8年和漢洋が混ざった門
こんな神社があるんですね〜
by sadsonghappystory | 2012-03-20 00:10 | いろいろ

★板垣恭一/いたがききょういち 東京都出身。演出家。日大芸術学部演劇学科、第三舞台を経て、フリーの演出家に。以降、数々のプロデュース公演を演出。映像ディレクターとしても活動。


by sadsonghappystory