他人を思う

仕事をしているときに
シャレにならないピンチを
むかえることがあります

誰のせいにしろ
トラウマになること必至の
強烈なピンチです

そこまで自分が
追いつめられたとき
何を思うか?

ゆうべその体験を
話して下さった女性は
仲間のことを考えたそうです

ここでキレたら
仲間の誰かが困るだろうと

そうして
自分のせいとは言いがたい
事態を甘んじて受け止めたと

僕も
そうありたいと思いました

自分的最大のピンチに
他人のことを思うような
人間であれたら素敵だなと

なぜなら
そういう戦い方だけが
かけがえない何かを
生むと信じるからです

美談でも何でもないんですよ
自分を守るために他人を思うことが
得だっただけなんですから
と彼女は笑っていました

そこも見習いたいなと思いました

僕はまだ笑って話せない
仕事的トラウマをいくつか抱えています
ぼちぼち本格的に消化していかねばなあ

なんだか真面目なことを
真面目に書いてしまいました
芸がなくてスマンです
f0141840_2291914.jpg

神社仏閣シリーズ

熊野那智大社
台風からの復興を願います!
また行きます!
by sadsonghappystory | 2011-12-18 02:34 | いろいろ

★板垣恭一/いたがききょういち 東京都出身。演出家。日大芸術学部演劇学科、第三舞台を経て、フリーの演出家に。以降、数々のプロデュース公演を演出。映像ディレクターとしても活動。


by sadsonghappystory
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31