帳尻合わせの尊敬

自分が時間をかけて
つきあっていること(もの)を
素晴らしいこと(もの)だと
思いたいのが人情です

所属する組織
その業界の有名人
その業界そのもの
などなど

自分の人生を
うっかり否定しないよう
多少の欠点は
目をつぶるのでしょうか

その自覚がある人
その自覚がない人
自覚がないフリをする人

たまに「王様は裸だ!」と
叫ぶ人がいてそれはそれで
勇ましいのですが
叫びっぱなしってのも
どうなんだろう?

裸だとばらしたからには
別の方法で王様の
威厳を保ってあげないと

もしくは
自分が王様のかわりに
ならないと

そういうことがメンドクサイから
人は見てみないフリをするのでしょうか

だとしたら人間って
ちょっとヤなもんですね
もちろん僕自身も含めてですが
f0141840_313221.jpg

美術館シリーズ

東京国立博物館本館
ここはすごいですよ
平成館には1万2千年前の
土器とかあって
頭がクラクラします
by sadsonghappystory | 2011-11-06 03:15 | いろいろ

★板垣恭一/いたがききょういち 東京都出身。演出家。日大芸術学部演劇学科、第三舞台を経て、フリーの演出家に。以降、数々のプロデュース公演を演出。映像ディレクターとしても活動。


by sadsonghappystory
カレンダー