稽古開始

6歳くらいの子供が
観客の中心であるお芝居を
演出したときに知りました

ヤツらを黙って座らせておくには
音楽や照明がどんどん変化
していく必要があるということに

でないとホントに
立ち上がるんです
しゃべり出すんです

でも
そもそも大人というものを
「少し知恵のついた子供」
くらいに考えているボクは
そのとき気がついてしまいました

大人だって同じ気持ちを
隠し持っているということを

大人は「がまんする」ことを
知っているだけなんだということを

というわけで
昨日から「サイドショウ」の
本格的な稽古が始まりました

音楽鳴りっぱなし
歌いっぱなし
躍りっぱなし
照明変わりっぱなしの
世界へいざ

自分で言うのもなんですが
面白いですよこの芝居
f0141840_0515980.jpg

ごはんとみそ汁
写真を工夫しているうちに
冷めちゃいました

by sadsonghappystory | 2011-09-06 00:53 | いろいろ

★板垣恭一/いたがききょういち 東京都出身。演出家。日大芸術学部演劇学科、第三舞台を経て、フリーの演出家に。以降、数々のプロデュース公演を演出。映像ディレクターとしても活動。


by sadsonghappystory