記憶するほどの

昨日の続きです
イメージはどこから来るのか?
ずばり「記憶」です

あの味を作りたいと思うのは
いつかどこかで食べたものを
記憶しているからです

あの役者のあのときの演技を
マネてみたいと思うのも
記憶しているからです

昨日から続くこの話ですが
記憶するほどの興味を持てない分野で
活躍するのはむずかしいかもしれない
という話でもあります

ものすごくおいしい料理を食べて
「あーおいしかった」
としか思わない人は
おそらく料理人には向きません

映画や演劇で大感動したとき
「おもしろかった〜」
としか思わない人は
おそらく役者には向きません

どのようにすごかったのか?
自分を感動させた部分は何か?
他のものとどこが違ったのか?

そういう興味を持てる人なら
その分野で活躍できる
可能性は高いでしょう
f0141840_23284936.jpg

チャーハンは
まず卵を炒めると
ゴハンが焦げ付かない

というのが
理論上の正解ですが
じっさいはいろいろです笑
by sadsonghappystory | 2011-08-09 00:10 | いろいろ

★板垣恭一/いたがききょういち 東京都出身。演出家。日大芸術学部演劇学科、第三舞台を経て、フリーの演出家に。以降、数々のプロデュース公演を演出。映像ディレクターとしても活動。


by sadsonghappystory