呪いに負けるな

「○○さんがあなたのこと
キライって言ってたよ」

そう言われたら
誰でも不安になります

「あなたが生まれなきゃね」

そう言われたら
生まれなきゃよかったわけ?
と自問自答してしまいます

言葉で相手の心を
マイナスの方向に縛ること
これを「呪い」と言います

「呪い」

かかってしまった時は
まず落ち着くこと

相当ヘコむので時間をおいて
まず冷静になるよう
心がけましょう

対処法としては
呪いをかけた相手を
問いただすことがひとつの手

「○○が言ってた〜」パターンでは
いつ? どこで? 言い方は?
などと聞くんです

被害者をよそおうパターンでは
いつそう思った? 今も思うか?
それは本当に私だけのせいなのか?
などと聞くんです

だいたいにおいて
質問に答えられなくなったり
言うことがあやふやになります

だって言う方は
都合のよいウソをついているか
軽い気持ちで悪気なく
言っているだけなんですから

ディテールが明確なわけが
ないんです

これでかなりの部分
呪いはゆるみます

この方法を取れない場合
たとえば怖くて聞けないとか
呪いをかけてきた相手が
近くにいない場合などは
こういう手があります

「呪い」の毒消しとして
「祝福」を受ける

詳しくは明日
f0141840_1210378.jpg

旅シリーズ
金沢の路地裏
すごい勢いの水路が
by sadsonghappystory | 2011-07-27 12:11 | いろいろ

★板垣恭一/いたがききょういち 東京都出身。演出家。日大芸術学部演劇学科、第三舞台を経て、フリーの演出家に。以降、数々のプロデュース公演を演出。映像ディレクターとしても活動。


by sadsonghappystory