金沢にて

金沢に入りました
はじめての街です

この旅では
けっこう余裕があるもので
その時間を楽しんでいます

ひとりで飲みに行き
地元の店員さんと
よもやま話をしたり
本をじっくり読んだり

ピアニストの方が
書いた本を読んで
このような意味の
文書に興味を持ちました

モーツァルトのピアノ曲は
子供のころが一番上手
それから一度下手になって
いろいろな技術を手に入れて
また弾けるようになる

形あるものに
アプローチをして
完成品を作る

そういう意味では
演出という仕事も
似ていまして。。。

演奏家にとっての譜面を
演出家にとっての台本と
考えますと

今だからうまく演出できる
こないだまでできたのに
今はうまくできない気がする

なんてことは
よくあります

直線的に
何かが成長するわけじゃない
という考え方には救われると
言いますか。。。


ひさしぶりに
ゆっくりものを考えられる
貴重な時間を過ごしています
f0141840_15443769.jpg

村上春樹の
インタビュー集
おもしろい
by sadsonghappystory | 2011-07-15 00:28 | いろいろ

★板垣恭一/いたがききょういち 東京都出身。演出家。日大芸術学部演劇学科、第三舞台を経て、フリーの演出家に。以降、数々のプロデュース公演を演出。映像ディレクターとしても活動。


by sadsonghappystory