人生の計算式「仕事編」

何かを発信することを
プラスとします

逆に何かを経験することを
マイナスとします

出力がプラス
入力がマイナス
という計算式の話です

今回は「仕事編」

若い時は
経験することに発信が追いつかず
つまりマイナス状態になりがちです

もう少し経ちますと
経験することと発信することの
バランスが取れてきます
つまりプラスマイナス0の状態

歳を取ってきますと
発信する技術が熟練してきたり
経験自体に対する処理速度が上がります
つまり経験より発信が勝るので
プラスの状態になりがちです

さてやっと本題

最近プラス状態が多くなってきた私です
これはいいことでもあるのですが
ちょっと悪い部分もあるようです

プラス(出力)が多すぎると
マイナス(入力)に対して
ドキドキしなくなっちゃうんです

もっとひどいと
説教臭くなっちゃうんです

若い時に戻りたいとは思いません
入力がたくさんあるのに
出力方法が分からなくて
苦しいことが多かったから

理想はプラスマイナス0の状態でしょうか
マイナスにドキドキし続けながら
プラスにする方法を生み出し続ける

これからの僕は
出力調整の仕方を学んだり
新しい入力方法を探したり

大きな意味では
まだまだ学ぶことが
たくさんありそうです
f0141840_11191696.jpg

奈良かも?

面白くないすか
ああそうすか
by sadsonghappystory | 2011-03-28 11:20 | いろいろ

★板垣恭一/いたがききょういち 東京都出身。演出家。日大芸術学部演劇学科、第三舞台を経て、フリーの演出家に。以降、数々のプロデュース公演を演出。映像ディレクターとしても活動。


by sadsonghappystory